Explore Uji Matcha, Chawan, and more!

Explore related topics

» 黒楽茶碗 銘「烏啼」

» 黒楽茶碗 銘「烏啼」

E0033164 砂張建水・文琳茶入_銘宇治・大井戸茶碗_銘有楽・一重口水指_銘柴庵・芦屋浜松図真形釜 - 東京国立博物館 画像検索

E0033164 砂張建水・文琳茶入_銘宇治・大井戸茶碗_銘有楽・一重口水指_銘柴庵・芦屋浜松図真形釜 - 東京国立博物館 画像検索

Japanese Tea Ceremony Kuro Raku Chawan Raku Ware Black Pottery Tea Bowl

Japanese Tea Ceremony Kuro Raku Chawan Raku Ware Black Pottery Tea Bowl

黒楽茶碗 銘 ”流雲” 楽三代 道入

黒楽茶碗 銘 ”流雲” 楽三代 道入

国宝 曜変天目茶碗

国宝 曜変天目茶碗

a0034990_22371658.jpg

a0034990_22371658.jpg

Работы | MichiShaku живописца Shichiruido Ten 谿 официальный сайт

Работы | MichiShaku живописца Shichiruido Ten 谿 официальный сайт

Работы | MichiShaku живописца Shichiruido Ten 谿 официальный сайт

Работы | MichiShaku живописца Shichiruido Ten 谿 официальный сайт

清寧軒焼 黒楽茶碗 銘「妹嶋夕照」(口径10.6cm/高さ8.0cm、和歌山県立博物館)。紀伊徳川家11代藩主斉順(1801~46)が、別邸・湊御殿などで焼かせた御庭焼が清寧軒焼である。本品は、「妹嶋夕照」と名付けられた黒楽茶碗で、黒釉の上に赤い発色が雲状にあらわれており、高台脇から下は無釉である。高台の中央には陽印刻銘で「樂」とあり、高台脇には朱銘で「照」とある。了々斎が「妹嶋夕照」と命名したことを記す箱書がある。

清寧軒焼 黒楽茶碗 銘「妹嶋夕照」(口径10.6cm/高さ8.0cm、和歌山県立博物館)。紀伊徳川家11代藩主斉順(1801~46)が、別邸・湊御殿などで焼かせた御庭焼が清寧軒焼である。本品は、「妹嶋夕照」と名付けられた黒楽茶碗で、黒釉の上に赤い発色が雲状にあらわれており、高台脇から下は無釉である。高台の中央には陽印刻銘で「樂」とあり、高台脇には朱銘で「照」とある。了々斎が「妹嶋夕照」と命名したことを記す箱書がある。

Pinterest
Search