Pinterest • il catalogo mondiale delle idee

Dürer karl der grosse - カール大帝 - Wikipedia 日本ではカール大帝の名が世界史の教科書などでも一般的に使用されている。フランス語のシャルルマーニュが、フランスの古典叙事詩や歴史書などからの翻訳でよく知られている。カール大帝の死後に、フランク王国が分裂してのちに誕生した神聖ローマ帝国・フランス王国・ベネルクス・アルプスからイタリア半島の国々の歴史を見るとき、彼は中世以降のキリスト教ヨーロッパの王国の太祖として扱われている

5

カール大帝 - Wikipedia

divinacommedia.weebly.com

da ADWSウェルカムサービス・ジャパン

ヴァッハウ渓谷とリチャード獅子心王

予断ですが、この身代金でウィーンの街の壁を拡張しただけでなく、その際に受け取った身代金である1万1600kgの銀をもとに、1194年に貨幣鋳造が始められました。これがオーストリア造幣局の起源です。今も「ヨーロッパで唯一の地金型金貨」を発行してることで有名です。 当のリチャード獅子心王と言うと、幽閉されてからイギリスから身代金が届くまで、ヴァッハウ地方の名産ワインを飲みながら、のんびりと美しいこのヴァッハウ渓谷を堪能していたようです。

2

ヴァッハウ渓谷とリチャード獅子心王

adwsjapan.wordpress.com

トマス・アクィナス - Wikipedia トマスの生きた時代は、十字軍をきっかけに、アラブ世界との文物を問わない広汎な交流が始まったことにより、東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌスの異教活動禁止のため、一度は途絶したギリシア哲学の伝統がアラブ世界から西欧に莫大な勢いで流入し、度重なる禁止令にもかかわず、これをとどめることはできなくなっていた。また、同様に、商業がめざましい勢いで発展し、都市の繁栄による豊かさの中で、イスラム教徒であるとユダヤ教徒であるとキリスト教徒であるとを問わず、大衆が堕落していくという風潮と、これに対する反感が渦巻いていた。

1

トマス・アクィナス - Wikipedia

ja.wikipedia.org

デュルンシュタインの町 このヴァッハウ渓谷にはひとつ、曰く付きの城があります。それはデュルンシュタインという小さな町を小高い山の上から見下ろすデュルンシュタイン城です。上の写真にある山の上で半分瓦礫になった城がそれです。この城が廃墟になったのは1645年でした。30年戦争(1618年-1648年)でプロテスタント側のスウェーデン軍に破壊され、そのまま今日に至るまで350年以上も放置さています。 デュルンシュタイン城の廃墟 == 近くで見ると城はこんな廃墟ぶり == デュルンシュタイン城を有名にしたのは、イングランドの勇敢なリチャード獅子心王のエピソードです。第3次十字軍遠征(1189-1192)の帰りにオーストリア公の囚われの身となったリチャードがこの城に閉じ込められていたといいます。

1

Aggiunto ai Pin da

onyx.dti.ne.jp

al-Jazari - Wikipedia, the free encyclopedia アル=ジャザリー 1136年 - 1206年 現在のトルコのディヤルバクル出身のアラブ人博学者であり、ウラマー、発明家、機械工学者、職人、芸術家、数学者、天文学者である。特に1206年の著書 『巧妙な機械装置に関する知識の書』でよく知られており、その中で50の機械装置の詳細とその組み立て方を解説している。

al-Jazari - Wikipedia, the free encyclopedia

en.wikipedia.org

ユスティニアヌス1世 529年にアテネのアカデメイアがユスティニアヌスの命令によって国家の管理下に置かれた。このヘレニズム教育機関の事実上の閉鎖がおそらく最も有名な事件であろう。多神教は積極的に弾圧された。小アジアだけで7万人の多神教徒が改宗したとエフェソスのヨハネスは述べている。ドン川流域に居住するヘルリ族、フン族、カフカスのアブハジア族、タザニ族といった多くの人々もキリスト教を受け入れた。 リビア砂漠のアウギリアにおけるアメン神崇拝は廃止され、そして同じことがナイル川第一瀑布のフィラエ島でのイシス神崇拝の残滓でも起こった。

ユスティニアヌス1世 - Wikipedia

ja.wikipedia.org

ホテル・レストラン 楽人ブロンデル Richard LoeweherzというホテルのHPの「町の紹介」には、「リチャード獅子心王はこの町が受け入れた最初の有名人のお客様である」と書いてます。誘拐してきたのにお客様とはかなり強引ですね。一方、身代金目当てでイングランド王を誘拐したレオポルト5世の名は、恥ずかしくてどのホテルも敬遠してるようでした。

Aggiunto ai Pin da

onyx.dti.ne.jp

da ADWSウェルカムサービス・ジャパン

ヴァッハウ渓谷とリチャード獅子心王

リチャード獅子心王1189-1192の第3回十字軍遠征での出来事です。アッコン攻略の際に、リチャード1世が、オーストリア公レオポルド5世の軍旗を勝手に撤去したことで、レオポルドが激怒してしまいました。 レオポルド5世はイギリス側に意地悪をして、幽閉した場所を教えなかったため、家臣であるブロンデルが自分とリチャード王だけしか知らない歌を歌いながら、山から山へ巡り歩きました。そしてデュルンシュタインに来たとき、彼がその歌の第1節を歌うと、城の中からその歌の第2節が聞こえてきて、やっと王の消息が掴めたといいます。イギリスは釈放の条件として、高額な身代金(15万マルク、わかりやすく言えば銀10トン分相当)を要求されました。

ヴァッハウ渓谷とリチャード獅子心王

adwsjapan.wordpress.com

da ADWSウェルカムサービス・ジャパン

ヴァッハウ渓谷とリチャード獅子心王

遠征の華々しい活躍で「リチャード獅子心王」と呼ばれるようになった、リチャード1世はエルサレムからイギリスの帰路、ジブラルタル海峡を渡らねばならない海路は秋には危険で、彼は陸路を通ってイギリスへの帰国を果たそうととします。運の悪いことに、ウィーン近郊で見破られ、レオポルド5世によって囚われの身となって、12世紀中頃に築かれたデュルンシュタインのクエリンガー城に幽閉されてしまいました。

ヴァッハウ渓谷とリチャード獅子心王

adwsjapan.wordpress.com